Taninho〈タニーニョ〉

hRgfRFoQMglaMHLg6dChF3I5wWThH7gI5unNoRVH42_OELC8Jtz1gDdbV7LXR0iH899v1jjbUx5-chbPhTLUTKDE9jDtF6Hk0hik6e778mr8jLEBrou_B9RWl8-r5fD8.jpg

牛やブタのヌメ革(=経年変化するタイプの革)を使った

オリジナルのバッグ・小物を製作している

タニーニョと申します。

「革の素材を活かす」という共通コンセプトの中で、

欲張りにも異なる2つのテーマを抱えて製作をしています。

(ときどき合作もあります)

皆様はどちらのタニーニョがお好みでしょうか。

 

 

4ES2cIDkaEECicalqU3QMaVuwHXhZ6fM0BbSrwGw8wBXULlErWN9KqhI2uXUNNMNCGSv9ACQQfhNmepNWXhQqUfMQdf0AnD73_7PjiXk2Vg-rvUpQiGM7jmtHBDvrgLd.jpg

1.ステッチと傷跡を主役にする

天然素材故に付いてしまう革の傷跡は

通常の革製品では欠陥として避けられがちです。

しかし、傷を起点にミシンステッチを入れることで、

一点物の特別な装飾デザインとして、

目立たせることにしました。

同じ傷、同じステッチはないため、

このテーマの品はすべて一点物となります。

良い出会いがあった際にはぜひ、

手にとってご覧ください。

 

 

vjZ7aa6mV8uppMUlSCDE2aOYnbtk0-P1mZ5eljZ28oLyd-jPCAgYCPVmw8a9vX7gjWRNIzcS6N3R9TAegGvUngsbbyTCUu3cAtxjH66BJttLXASIoHWFznWD6w0gL644.jpg

2.豆のフォルムの追求

タニーニョのロゴにもなっている豆の莢(さや)。

その絶妙な形状に惹かれたきっかけは子供の頃、

学校帰りの道端に繁茂していた

カラスノエンドウでした。

時は流れて大人になり、

革に興味を持つ中で

いろいろな経験や感情から育ったのが

えんどう豆のキーホルダーです。

理想の形とサイズを求めて品種改良(?)し、

現在はスナップエンドウサイズでご提供中です。

 

 

d3c5Oa8MBOOCRluoh9xNNCqLJqpG62-dxcli-zyrUG2LGm18lxyWzoxY5lK3BDKAU8lC-gvyOo4AHg7bcR9eEay0ufDx50-0bz0P4Ct86SvkXnzept2d46ifQ5AVipJd.jpg

使い込むと革質の経年変化を楽しめるため、

「革に興味はあるが敷居が高い」

と感じている方にもおすすめです。

革好きも豆好きも楽しめる品となっております。

 

 

 

トップへ戻る